店舗の象徴となるものが・・・

店舗の顔となるもの、それは長年首里の玉那覇味噌の工場で使われていた「木樽」です。

デザイナーさんがこれを店の入り口に使うというとても素晴らしいアイデアです。

現在は使われなくなった木樽は長年のすみかを首里の工場からドナドナと

那覇市泉崎の新店舗に移し新しい役割を担っていただきます。

工事の状況としては厨房まわりの土間打ちを行っており、徐々に形が見え始めてきます。

12642615_893361027447757_8854863840132963643_n

12651127_893361034114423_6417186483468043439_n

12540634_893361437447716_947493866928277441_n

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です